抜歯を防ぐ精密な治療|東京都北区の歯医者 歯科医院|MI治療(コンポジットレジン),マイクロスコープ診療,精密根管治療,メタルフリー治療|王子本町歯科クリニック


初診の方へ 検査とカウンセリングについて 当院は自費診療専門医院ですが、初診料3,000円です。完全予約制 ご予約はこちらから(24時間受付) 医院からのお知らせ Q&A よくいただくご質問と回答 患者様の声 治療のご予約は 03-3907-8000
  • MI治療―コンポジットレジン
  • 精密な治療―マイクロスコープ
  • 根管治療(歯内療法)
  • セラミック治療
  • 歯科金属アレルギー治療―メタルフリー
  • 痛みの少ない治療
  • カウンセリング―お話をよくお聞きします
  • マイクロスコープ
無料メール相談インターネット予約

---住所

東京都北区王子本町1-9-14
アクセスマップ・地図

---

最寄駅

・JR京浜東北線 王子駅 親水公園口 徒歩7分
・地下鉄 南北線 王子駅 北口 徒歩7分

---

TEL

03-3907-8000

---

診療日時

月曜~金曜 10:00~13:00
      14:30~19:00

---

休診日

土曜・日曜・祝日

---

抜歯を防ぐ精密な治療

多くの歯科医院で採用されている安直な抜歯基準

多くの一般的な歯科医院では、いわゆる教科書的な基準がベースにあり、さらに各歯科医師の経験年数、歯を残すことへの情熱と知識や、保険診療のシステム(出来高性の点数制度)などが基準になっています。

安直に抜歯をする医院は、経営ベースの診療スタイルなので、効率の悪い診療を極端に嫌います。虫歯をしっかり削り取り、根管治療をすれば十分残せるかもしれない歯でも、現在の低い保険点数で根の治療に1時間以上時間を取るという事は、経営上あまりにも不採算すぎて、ありえないのです。
また、精密に虫歯を除去したり、根管治療の精度を高めるには、それなりに時間をかけて知識と技術を磨き、マイクロスコープのような補助的な機械も使いこなせるように研鑽しなければなりません。
経営ベースの診療スタイルの医院は、そんな暇があれば、一人でも多くの患者さんをこなして(あえて、こういう表現にします)保険点数を1点でも多く稼いだ方が、楽だし効率的だという考え方だと思います。
また、抜歯をすれば、その後、義歯を入れたり、歯を削ってブリッジにしたりと、保険診療も継続するし、インプラントになれば、より収入が増えるという考え方なのかもしれません。

歯を残したい歯科医と、歯を抜いてしまいたい歯科医の違い

歯を残す治療にこだわる抜歯をするか否かは、歯科医師の知識と経験と勘に基づいて、総合的に判断されます。そして臨床現場では教科書的な抜歯基準だけでは通用しない場合があります。患者さんの、「自分の歯を残したい」というお気持ちと歯科医師の情熱とが絡むので、マニュアル通りの判断だけではいけないのです。

教科書的な基準では歯の保存にかなり無理がある、と思われる症例でも、患者さんとよく話しあった結果、半年でも1年でも歯をもたせて抜歯を先送りにできると、最終的にいよいよ抜歯になった時に納得していただける場合が多いです。抜歯するか否かの基準は、歯科医師一人一人によっても大きく異る場合があるのが現状です。

幸いなことに、一本の歯を残す為に真剣に取り組んでいる尊敬できる歯科医師をこれまでたくさん見てきました。私の診療スタイルの良い刺激にもなり、気持ちが救われる思いです。

しかしその反面、歯内療法などの細かい手順を面倒がり、経営ベースの考え方で、患者さんの歯を抜くという行為のハードルがとても低い位置にある歯科医師が多くいるのもまた事実です。他人の歯を抜くという、一般の方から見ればとても恐ろしい事に対して、感覚が麻痺してしまっているのだと思います。

他院で抜歯と言われても、約5割は残せる可能性があります

重度の歯周病や垂直性の歯根破折以外でも、抜歯と診断されてしまうことがあります。
【例えば…】
*虫歯が進行して残根状態になってしまったけど、実際は歯根の長さは十分にあるケース
感染源をきちんと取り除き、歯肉の整形を行い、精度の高い根管治療をすることで根管内がきれいになると周囲の骨や組織も再生して抜歯を回避できる可能性は十分あります。

70代男性 右下4番 歯肉縁下カリエスが進行していました。
前医には抜歯してインプラントを提案されていたそうですが、昨年、当院で感染源をしっかり除去して、歯肉をレーザーで整形してレジンで隔壁を作り、根管治療をしてCAD/CAMクラウンをセットしました。経過良好です。

*歯の周りに急性炎症が起きていて、歯肉の腫れや歯のグラグラが強いケース
まずは投薬などの消炎処置をすることで、急性症状が緩和されると腫れも引き、グラグラも少し和らぐことがあります。その後、歯の状況に合わせて根管治療などの適切な治療をすることで、抜歯を回避できる可能性は十分にあります。

根尖病巣、歯の動揺

40代男性 右下7番遠心根に根尖病巣があり、歯の動揺も強い症例でした。
他院では抜歯の可能性が高いと言われたそうです。昨年当院で根管治療を開始。感染源を確実に除去して、レジンで隔壁を作り、根管治療を終了しました。その後に右下567番はコンポジットレジン充填で治療が完了いたしました。

*歯の根などに人工的な穿孔(穴)が開いていて、そこが感染源となっているケース
歯科用顕微鏡で確実に視認しながら、穿孔部の感染源を可及的に除去して清掃後に穿孔部MTAセメントという特殊なセメントで封鎖することで抜歯を回避出来るケースがあります。

上記のような症例に対して、患者さんの了解を得た上で、治療を始めてみると症状が落ち着いて抜歯をしないで済む場合があります。

このような事が起こるのは、患者さんの歯の治療に対する希望を歯科医院が聞きとれていない内に、見た目の歯の状態だけで「抜歯です」とお伝えしているのではないかと思います。

当院の場合は初診の日に、すぐに治療に入る事はありません。(応急処置はします)
まず、よく患者さんのお話を聞いて、お口の中の状態をよく確認して、口腔内写真やレントゲンなどの資料を採取します。得られた情報から、個々の歯の状況に最適と思われる治療法をご提案します。患者さんが十分に治療内容にご納得されてから、次回以降に治療内容に見合う適切な治療時間を確保して、全力で臨みますので、他院で抜歯と診断された場合でも簡単にあきらめないでくださいね。

私が歯を残すことにこだわるわけ

人間の歯は、同じ硬組織でも骨の様に「再生」することが出来ません。永久歯を何らかの原因で失ってしまえば2度と生えてくることはありません。インプラントやブリッジや入れ歯で失った所を補うことは出来ても、それは決して「再生」したわけではないのです。

ブリッジを入れる為には橋渡しをする柱となる歯をたくさん削る必要があります。
インプラントもずいぶん進化しましたが、天然の歯の機能的な素晴らしさには、人工の物は決してかないません。入れ歯・・・そもそも入れたくないですよね?

だから私は1本の歯を治療時間を長くかけてでも、精密に治療して、少しでも長くご自分の歯として使っていただきたいと思っています。

残念ながら抜歯に至る歯もあります

垂直性の歯根破折で完全に根尖まで真っ二つの唐竹割り状態になっている歯、またはそれに近い状態や、歯周病の末期でブランブランの状態の歯は厳しいと思います。また大きな根尖病巣があり、根管治療をトライしても、変化が見られない場合も抜歯または歯根端切除の対象になる場合があります。

他院で抜歯を受けた場合のセカンドオピニオンももちろん可能です。ただし、上記の様なケースは歯を残す事が非常に困難ですので、当院にセカンドオピニオンを申し込まれる場合は、極力、前医にどんな説明を受けたかをメモなどしておいていただき、歯が今どんな状態にあるのかをお伝えください。

無料メール相談 インターネット予約

当院は自費診療専門医院です。保険はご利用いただけません。
当院は、予約優先の歯科医院です。初診の方も、事前のご予約をお願いいたします。

---

医院情報・医院案内
医院名 王子本町歯科クリニック
住所 東京都北区王子本町1-9-14
アクセスマップ・地図
電車でお越しの方 ・JR京浜東北線 王子駅 親水公園口 徒歩7分
・地下鉄 南北線 王子駅 北口 徒歩7分
電話 03-3907-8000
診療日時 月曜~金曜 10:00~13:00/14:30~19:00
休診日 土曜・日曜・祝日
診療科目

MI治療(コンポジットレジン)精密な治療(マイクロスコープ)金属アレルギー治療(メタルフリー)、虫歯治療、根管治療(歯内療法)セラミック治療

診療時間 診療日時表
カレンダー カレンダー
地図/MAP

歯に関するご相談・治療のご予約は
03-3907-8000
院長:君和田 威(きみわだ たけし)
王子本町歯科クリニック
〒114-0022 東京都北区王子本町1-9-14
■診療時間 月曜~金曜 10:00~13:00/14:30~19:00
■休診日  土曜・日曜・祝日

MI治療ーコンポジットレジン抜歯を防ぐ精密な治療金属アレルギー治療―メタルフリー
痛みの少ない治療カウンセリングマイクロスコープ私が技術講習に参加する理由

Copyright(C) 王子本町歯科クリニック All rights reserved.

東京都北区王子 王子本町歯科クリニック